主婦がパートなどで働く

扶養範囲で仕事を選ぶ

013260だからこそ、主婦によっては年収を103万円以内に抑えられるように、仕事を選ばなければいけないのです。
もちろん、働く時間や日数によっても異なるでしょうが、変に時給の高い仕事を選んでしまうと、年収が103万円を超えてしまうことになりかねないのです。
例えば、スーパーのバーとの仕事で、時給が850円だったとします。
4時間働くと1日で3400円の収入となります。
月に20日働けば、1ヶ月で68000円の収入となります。
1年なら約80万円の収入となるので、これなら扶養範囲内となるので、課税をされることはありません。
しかし、会社側からの要望でシフトに入る日数や、勤務時間が多くなってしまうと、その年収を超えてしまうかもしれません。
したがって、普通に働けば大丈夫な場合でも、ちょっとしたことがきっかけで、年収が大幅に高くなってしまうことも考えられるのです。
ですから、その点も踏まえた上で、仕事と働く時間を決めなければならないのです。
また、パートの仕事だけでなく、派遣の仕事をする方法もあります。
派遣会社であれば、扶養範囲で抑えられるような仕事を紹介してくれますし、扶養範囲を超えるだけの仕事を強いられることもありません。
扶養範囲で働けるお仕事紹介所 スマホ・パソコンでチェック!副業ビジネスチャンネル『福チャン』

年末調整も安心

パートやアルバイトをする人にとっては、扶養範囲内で収入を抑えなければいけないという悩みがあります。
もちろん、そこまで稼ぐ必要がないのであれば、特に気にする必要はありません。
しかし、できるだけ扶養範囲ギリギリまで稼ぎたいと思っている人にとっては、上手く収入を調整しなければなりません。
詳細をチェック

所得税にも影響

扶養範囲と所得税はかなり大きな関係があります。
扶養範囲を満たすためには、扶養家族の収入が条件を満たしている必要があります。
基本的に、扶養家族の収入が年間で103万円以内であれば、扶養範囲となります。
そのため、所得税が免除されるため、税金が大幅に安くなるのです。

詳細をチェック

新着情報

◆2014/03/28
主婦がパートなどで働くの情報を更新しました。
◆2014/03/05
運営者情報を新規投稿しました。
◆2014/03/05
お問い合わせを新規投稿しました。
◆2014/03/03
扶養範囲に入る方がメリットの情報を更新しました。
◆2014/03/03
扶養範囲内と年末調整の情報を更新しました。